IMG_1375

やんばるネイチャーの思い出 2

2013年08月02日

沖縄の海と言えば、エメラルドグリーンの海と色とりどりの熱帯魚というイメージでしょうか。

私が小さい頃は、どこのビーチでも珊瑚礁と熱帯魚が見られましたが、最近、そのようなビーチがどんどん減っているような気がします。今回、ネイチャーキャンプの皆様をご案内したのは、私の秘密の、本当はあんまり教えたくない場所です。この海は、引き潮の時だけ、泳ぎながら、歩きながら、熱帯魚を見ることができます。でも、サンゴに気をつけて!浅いので、気を付けないと、足でサンゴを踏んでしまうのです。今回、小学生のお友達には、できるだけサンゴに気をつけるようにお願いしました。足で踏んで壊してしまったサンゴは元にもどりません。

 

皆さんは金城浩二というサンゴの養殖をしていらっしゃる方をご存知ですか?「てぃだ かんかん」という映画のモデルになった方です。私は、その金城さんが運営しておられる読谷の「さんご畑」に行ったことがあります。そこで見たさんごは!まるでお花畑のようでした。色とりどりのサンゴが美しく咲いています。私が小さい頃、海に潜って見た景色が思い出されました。

 

もう一度、あの美しい珊瑚礁の海で泳ぎたいなというのが私の願いです。

やんばるネイチャーの子供達と一緒に、美しい海で。

いつまでも、大切にしたい沖縄の海です。

 

備瀬の熱帯魚