IMG_1375

久慈川三育小学校 来校!

2015年10月21日

沖縄三育中学校には、系列の三育小学校からたくさんのお客様がいらっしゃいます。

修学旅行で沖縄に来る小学校が多く

美ら海水族館を見学した後、中学校にいらっしゃるんです。

 

その時、一番楽しみなのが、卒業生と会うこと!

あの憧れだった先輩が、中学生になっている!ということで

どの学校の小学生も楽しみにして来てくださいます。

 

今年度最後の小学校のお客様

久慈川三育小学校でした!

IMG_8952

 

沖縄三育食堂テラスでの夕食や生徒と一緒にサッカー、寮見学で楽しみました!

IMG_8944

最後にエイサーを披露し、みんなでカチャーシーを踊りました。

IMG_8956IMG_8954

IMG_8962IMG_8966

エイサー隊もこれで今年度の活動は終了です。

IMG_8973IMG_8977

 

エイサーとは、沖縄県と鹿児島県奄美群島でお盆の時期に踊られる伝統芸能です。
お盆の時期に現世に戻ってくる祖先の霊を送迎するため、

若者たちが歌と囃子に合わせ、踊りながら地区の道を練り歩くものでした。

 

しかし、最近は伝統的なエイサーだけでなく、先祖供養の目的を持たない

観客にを見せるため、または、イベントにおいて演舞を披露するという目的のためのエイサー、

創作エイサーが多く見られるようになってきました。沖縄三育中学校では、この創作エイサーに取り組んでいます。

 

生徒の中で、一番人気は、締太鼓とバーランクー。身体をひねったり、しゃがんだり、跳んだり、

回転するといったアクションを見せながら踊り、太鼓を叩く姿が、生徒を引き付けるようです。

一度、教師が締太鼓に挑戦しましたが、太鼓を持ちながら、回る、跳ぶということで

泣きが入りながら練習しておりました。その点、中学生は覚えが早いです。

あっという間に振付を覚え、楽しく踊れるようになりました。

 

エイサーを通して、沖縄の文化に触れられる体験

生徒にとっては、忘れられないものになるようです。