IMG_1375

付箋とは・・・教師から生徒への愛の証

2013年12月03日

試験週が近づいて来ました。

生徒が勉強しているワークを見るとたくさんの付箋が!!!

IMG_2295

先生の机にも、生徒から提出されたワークにもたくさんの付箋が!

IMG_2307

なるほど!

先生がワークに○をつけて、間違っているところに付箋をつけてあげてるってことですね。

IMG_2308

職員室を見ると、どの先生の机にもワークやノートが積み上げられてます。

IMG_2306

 

こんな感じ。赤ペンで直されてますね。

 

IMG_2305

 

 

校長先生も○つけしてます。

IMG_2309

 

 

聞いてみました!英語の先生に!

「生徒にワークの答えをあげて、自分で丸をつけさせて提出させることも

できるのだけど、やはり漢字を間違えていたり、スペルを間違えていたり

わからないとすぐ、答えを見ちゃったりするので力がつかない。

生徒一人一人のワークに丸をつけるのは、正直大変だけど

その子がどこがわかっていないのかがすぐわかるし

クラス全体の理解度の把握もできて、授業にも役立つ

さらに、子ども達も答えがないので、一生懸命考えるようになる

結果、力がつくと思うんだよね。大変だけど、これが一番生徒のため」

というお答え。なるほどー。これも、少人数でやってるからこそできること。

ワークに書かれている赤ペンと付箋は、教師から生徒への愛ってことですね。