IMG_1375

卒業式

2016年03月23日

DSC_3801DSC_3953

IMG_8596IMG_8436

DSC_4000DSC_3982

IMG_8666IMG_8663

IMG_8695IMG_8723

 

僕たちが、このキャンパスの丘に登ってきてから

もう3年がたちました。

あのあどけなかった小学生はおらず

僕たちは、しっかり成長し、前を見て、この卒業のときを迎えています。

名護湾に暖かい春の風が吹く今日、

僕たちは卒業します。

僕たちは、個性的なクラスでした。

沖縄で生まれた者もいれば、東京で生まれた者、そして、四国や鹿児島など

様々な場所から、この場所へ集まり

様々な環境で育った者が、その様々な価値観を埋めようとしていました。

このクラスのことを、動物園と呼んだ先輩や先生もいましたね。

そのとおり、自分の感情のままをぶつけ合い

喧嘩もよくした学年だったと思います。

でも、その違い、個性のぶつかり合いこそが僕たちの学年のカラーでした。

そして、振り返れば、様々な出来事や行事に、僕たちのその違いや個性のぶつかり合いが

現れていたと思います。

ハイライト、夏祭り、バンケット

いつもみんなを笑わせたい、そんな思いがありました。

いつもは真面目なキャラの人が、全然違うキャラを演じる楽しさがありました。

体育祭、先生万歳三連覇、応援だけじゃない、力を合わせて勝利する喜びがありました。

みんなで一緒にいった修学旅行、3年生だけで過ごす夢のような4日間

ディズニーシーではしゃいだこと、忘れません。

僕たちは、この三育で、人は一人では生きていけないということを学びました。

寮生活をしたからこそ、わかることがあります。

どんなに自分ががんばってもできないこと

どんなにこうなりたいと思っても、手が届かないことがありました。

しかし、そんなとき

支えてくれたのは、神様、そして、友達、先生、後輩たちでした。

僕たちは、一人一人が違います。

その違いを受け入れるからこそ、認めあえるのだと思います。

誰にでも、何かできないことはあります。

しかし、それを責める必要は全くなく

誰でも、愛されるためにこの世に生まれてきたんだと思うこと

これが、僕たちが学んだ幸せの道です。

下級生の皆さん

周りを大切にすること、思いやることを忘れないでください。

人は、誰でも一人では生きてはいけません。

周りの力、仲間の助けをいつも受けていることを忘れないでください。

その気持ちが感謝につながります。

そして、誰もが、愛される存在であること

誰もがお互いを認め合うこの沖縄三育中学校を、

これからも、ずっとずっと守っていってください。

お父さん、お母さん

今日のこの卒業式まで、遠くから見守ってくださり、本当にありがとうございました。

あの小さかった僕たちが、親元を離れ、寮生活を始めるときは

本当に心配だったと思います。

でも、いつも暖かい眼差しで見守ってくれたこと、本当に感謝しています。

困ったときや辛いときは、いつも励ましてくださったこと、本当にありがとう。

先生方、とうとうこの日を迎えました。

いろんなことを相談しました。悩みに悩んでいるときに答えを出してくださいました。

いろんなことを注意されました。厳しくしてくださる先生がいたからこそ、

今の僕たちがいます。

そして、優しく受け止めてくださったこと、ありのままの自分でいいと

教えてくださったこと忘れません。

先生方が示してくださった幸せを作り出す道を

僕たちはこれからも歩んでいきます。

僕たちは、今、卒業します。

神様がこの沖縄三育中学校に僕たちを集めてくださったこと

最高の仲間を与えてくださったことを感謝します。

神様が、いつも導いてくださることを僕たちは知っているからこそ

今、新しい世界へ一歩踏み出すことができます。

これまで、関わってくださった方々、支えてくださった方々、そして神様への

感謝の気持ちをこめて

卒業生代表の感謝の言葉とさせていただきます。